ボーナスキャンペーン実施中!条件を満たされた方全員に最大20万円獲得!
詳しくはこちら
ログイン 口座開設 お問い合わせ

失敗した原因・理由を分析していない

FX初心者の失敗例として、失敗した原因を分析していないことも挙げられます。

 

FXで失敗すること自体はよくあること。

 

しかしFX初心者は、なぜ失敗したか分析することが重要となります。

 

なぜ失敗したか、原因を分析していないと次のトレードでもまた同じ失敗を繰り返すことになるからです。

 

FXで失敗した原因を分析することで、次に同じような局面になったときに大きな負けトレードを回避することも可能になるでしょう。

 

例えば失敗した原因が「逆張りトレードでナンピンしたから」だったら、次のトレードでは順張りトレードでやってみる、という対策が浮かび上がってきます。

 

また、失敗の原因が「感情でトレードしたから」であれば、自分なりのルールを作ってルール通りに厳格にトレードすることで、トレード成績も安定してくるはず。

 

しかしFX初心者は、失敗した原因も検証せず、また次のトレードを感覚で行っている場合が多いのです。

 

失敗した原因を分析検証しないために、次のトレードでもまた失敗を繰り返すことになります。

 

 

失敗した原因・理由を分析してまとめる

失敗の原因は、資金管理・メンタル・テクニカル分析・相場分析・取引時間帯など様々。

 

失敗すること自体はわるいことではありません。

 

FXは買ったり負けたりを繰り返しながら、トータルでの勝ちを目指すもの。

 

肝心なことは、失敗した原因を分析検証し、失敗した理由を明らかにすることです。

 

そして失敗した原因・理由を自分なりにまとめてみることをオススメします。

 

失敗した原因をまとめておくと、振り返ったときにどういう局面で負けやすいかが分かってくるからです。

 

例えば失敗の原因をまとめてみたときに、夜は勝てるのに昼は負けるという傾向が分かってきたとしましょう。

 

それなら昼のトレードをやめて、取引時間を夜だけに絞ることで負けトレードを減らすことができ、効率的に利益を重ねることが可能になります。

 

また、逆張りトレードで負けが続き、順張りトレードで大きく勝てていることが分かれば、トレンド相場だけにトレードを絞る、という対策も出てくるのです。

 

失敗した原因をまとめて振り返ることで、次のトレードでの改善策を見つけることができます。

 

 

まとめ

FX初心者は、「失敗の原因を分析しない」ことが多いです。

 

これが次のトレードでも失敗する原因・理由となっています。

 

なぜ失敗したのか、失敗した原因や理由を分析してまとめていくことで改善策が浮かび、次のトレードに活かすことが可能となるでしょう。

リアル口座開設最短5分!

MYFX MarketsのMT4をダウンロードして、お取引を開始!